体重が減って脂肪が減らない現象

ぽっこり出ているお腹

近年は多くの人々が体重を気にしています。
そのために多くの人が食事制限や運動などで適切体重の維持を行っています。
しかし、女性は特に身体を守るために基本的についている脂肪が多くあります。
そのために体重が減って脂肪が減らない現象がしばしば起こるのです。
また、体重が減って脂肪が減らない現象が起こると言うことには理由があります。
それは主として2つの理由に分けることが出来ます。

一つ目は体重減少を気にするあまり、食生活が偏ってしまうと言うことです。
二つ目はもともと筋肉質の人が筋肉による体重増加を防ぐために運動を止めて筋肉を減らすと言うことです。

筋肉は運動をしなければ簡単に減らす事ができます。
しかし、筋肉と言うものは減るとそのまま体重が減るのではなく体重は一時的に減るものの、その筋肉がもともとあった場所には空間が出来るためにその場所に脂肪がついてしまうと言うことがあります。
そのために筋肉質の人は特に体重が減って脂肪が減らない現象が多く起こるのです。
また、女性は基本的に脂肪が多くある生物であるために無理に食事制限などを加えて脂肪を減らそうとすると逆に脂肪増えてしまうと言うことも多くあると言われています。

RECOMMEND
おすすめ記事