ゼニカルとは、世界17ヶ国で使われている肥満治療薬です。
スイスの大手製薬会社が開発を手掛けた薬で、1998年から発売が開始されています。
ただし、日本ではまだ認可が下りていないためゼニカルを購入するには、美容外科などで処方するしかありません。
美容外科などで処方される場合には、全額自己負担となるためゼニカルの価格が高額となると予想されますので、事前に病院に問い合わせるとよろしいです。 また、 自己責任にはなりますが、個人輸入サイトで通販でゼニカルを買ってみると安く済みますので、一度注文してみるとよろしいです。

ゼニカルゼニカルが持っている働きは、脂肪の吸収を抑制するというものです。
簡単に言うとゼニカルで痩せる効果が期待できます。
ゼニカルの油をカットする原理は、リパーゼという酵素の働きを抑制するという事にあります。

リパーゼとは脂肪分解酵素と呼ばれるもので、食事等で体内に入ってきた脂肪を小さな分子に分解するという働きをします。
つまり、言い方を変えると、リパーゼは脂肪が体内に吸収されやすい形にするという働きをするのです。
ゼニカルは、このリパーゼの働きを抑制する事で、脂肪が分解されるのを阻害して、体内に吸収されるのを防ぐという原理で肥満の治療をしてくれるのです。

ただし、ゼニカルの働きの性質上、既に体に付いてしまった内臓脂肪や皮下脂肪等を減らす効果は無いので、その点は注意が必要です。
あくまでも、これから新しく摂取する脂肪の吸収を阻害するという働きに限られます。

このように肥満治療に効果の期待出来るゼニカルですが、服用する際に注意点があります。
ゼニカルは脂肪の吸収を抑制するという働きをするがゆえに、脂に溶ける性質を持っているビタミンの吸収も阻害してしまうという特徴があるのです。
ビタミンAやビタミンD等がこの種類に該当するビタミンです。
こうしたビタミンの不足を防ぐためには、マルチビタミン等のサプリメントで補うという方法が有効です。
ゼニカルを摂取する前後二時間は避けて、飲むようにするのが効果的です。

RECOMMEND
おすすめ記事